メディアの進化とDNA

  •  
  •  
  • Category:

最近メディアの技術史やコミュニケーションに関する書籍を集中的に読んでいる。
でっ、なんとなく思ったこと。

僕たちが求めるコミュニケーションは遠い原始時代の祖先のDNAが決めている。
みたいなこと。
メディアの技術は進化しても、コミュニケーションの本質は変わっていない。

言葉と音によるコミュニケーションの構成が古代のおける人間社会の大きな特徴だった。

暗い洞窟画が描かれた洞窟の中で、火を囲んで長老の物語を聞いた。
そして僕たちは映画館の中で映画を観る時、例えようのない連帯感を感じる。
自宅でDVDを観る時には感じないものだ。

メディア技術は書物、モールス信号、電報、電話と言葉と音を一緒に伝えるためにメディアは進化してきた。
絵画、写真。
写真が動きだしサイレント映画。
サイレント映画に音が入り映画。映画を電波に乗せてテレビ。

そして今、インターネット。
何が起こり、何が起こらなかったか。
答えは、コミュニケーションにある。

Web(ウェブ)におけるコミュニケーションとは?。
こんな風に考えるてみると"ウェブ・ユーザーエンパワーメント"の考え方がいかに重要な意味をもつかが理解できる。

今、マスメディアがコントロールできない僕たちのDNAが求めるWebというメディアは始まったばかりなのだ。