MT6のサーバー移転メモ

mt-20160922191632.jpg

サーバーを「ヘテメル」から「さくらインターネット」に変更、これにあわせてMT6を移転したのでメモしておきます。

作業内容は次のとおり。

  • phpMyAdiminからデータベースをエクスポート
  • MT6本体をダウンロード
  • さくらインターネット側でDBを作成し、エクスポートしたDBをインポート
  • mt-config.cgiのデータベース関係の情報を「さくらインターネット」で作成したDBに書き換え
  • MT6本体をアップロード(パーミッションは755でOK)

ダッシュボードにアクセスできたら、
設定→全般→ウェブサイトパスを「さくらインターネット」のパスに修正。これを忘れると再構築等ができません。
ぼくはこれを忘れて時間をかなりロスし、いやな汗をかきました。

これを機会にテーマを@styleさん提供の『Bootstrap』に変更し、
少しづつカスタマイズしていく予定です。

Movabletype for iOS をインストールしてみた。

mt-20160922225516.jpg

iPhoneからMT(movabletype)の管理ができるMovable Type for iOSをiPhone6にインストールしてみました。

設定方法はシックスアパート社の下記のリンクをご参照ください。
▼Movable Type for iOS とは
http://www.movabletype.jp/documentation/mtios/

マニュアルを読まずに始めたためアプリにサインインできず戸惑いました。
無事サインインできたのでメモしておきます。

動作環境は、次の通りです。

  1. 対応 OS→iOS 8 以上(最新OSを推奨 )
  2. 対応 デバイス→iPhone 4S 以上(iPhone 5s 以上を推奨)※iPadでも動作はしますが、画面は最適化されていません
  3. Movable Type バージョン→Movable Type 6.1.2 以上

アプリをApp Storeから入手し起動すると、ユザー名、パスワード、エンドポイントの入力画面が表示されます。

ユザー名、パスワードはMTと同じです。
エンドポイント、以前はエンドポイントといえばmt-xmlrpc.cgiでした。
このアプリは Data APIを利用するためエンドポイントは、
mt-data-api.cgiになります。

なので、
htt://あなたのドメイン/mtのフォルダ/mt-data-api.cgi
がエンドポイントになります。

『Movabletype for iOS』へのログインに何回か失敗した場合は、
再インストールして、正しいユーザー名、パスワード、エンドポイントを入力すると
ログインできます。


mt-20150802055523.jpg

MT6 メールの文字化け

MT6システムからのテストメール、メールフォームプラグインを導入し送信テストを行った時、受信メールが文字化けになる場合があります。

MTをインストールしたフォルダ内のmt-config.cgiをダウンロードし
34行目以降を確認してみて下さい。

## Change setting to language that you want to using.
DefaultLanguage en_US
#DefaultLanguage de
#DefaultLanguage es
#DefaultLanguage fr
#DefaultLanguage ja
#DefaultLanguage nl

となっていたら、下記の通りen_USを無効にしDefaultLanguage jaを有効にして下さい。

## Change setting to language that you want to using.
#DefaultLanguage en_US
#DefaultLanguage de
#DefaultLanguage es
#DefaultLanguage fr
DefaultLanguage ja
#DefaultLanguage nl

修正したmt-config.cgiを保存、アップロードすれば文字化けしなくなります。